痩せたいけど運動が苦手な人のブログ

痩せたいけど運動が苦手な場合の対策

スポーツが苦手であまり外で運動をしない時期がありました。学生の頃はそれでも部活などである程度、苦手ながらも少し部活などで体を動かしていたため、体型的にはスリムな状態を維持できていましたが、大人になって働きにでるようになってからは、休日などは引きこもりがちな生活をして、仕事の疲れもありほとんど運動もせずに過ごしていました。

 

体重はそれほど増えていなかったのですが、少しお腹だけがでてしまい、ちょっと体型がいびつな感じになり、これはなんとかしなければと思い、ダイエットをしてスタイルを改善していこうと決意しました。

 

ですが、痩せたいけど運動は苦手だし、あまり動きたくないため、食事制限などを中心としたダイエットをしようと決めました。それまでの食生活も、コンビニのお弁当だったり、仕事帰りに外食をして、ラーメンやその他にも高カロリーなものであっても特に気にせず食べていたため、栄養バランスなどもほとんど気にしていませんでした。

 

その状態だと、体調不良になりやすいと感じたので、食事は、自宅で自炊するよう、心がけるようにしました。スーパーで食材を揃え、自宅で自炊して、できるだけ栄養バランスなども考えた食生活を送れるように工夫しました。最初は料理に慣れていなかったので、かなり苦戦しましたが、今では料理も趣味の一つです。

 

また、運動は苦手なので、お風呂あがりにストレッチをするように習慣づけました。体もそれで少しやわらかくなり、ある程度ストレッチを続けてから、外で軽くウォーキングをするようになりました。

 

少し歩くだけでも、足にそれなりに筋肉がつき、また適度に汗をかいたので、ある程度ダイエットにも効果が期待できると感じながら、今も継続して続けています。食事制限や軽い運動をしたおかげで、今はある程度お腹もへっこみ、体型も昔のスリムな体型を維持できています。

 

 

運動以外で痩せるためには2つのポイントを押さえるだけ!

確実なダイエット方法は運動して消費カロリーを多くすることですが
相当な運動量が必要となるために途中で挫折してしまう人が多いです。
ダイエットの基本は、消費カロリー > 摂取カロリーです。

 

食べたカロリーよりも使うカロリーの方が多ければ、確実に痩せます。
なので運動をしないのであれば、食べる量を減らすのが最も手っ取り早い方法になりますが
1日1食のような過激な食事制限をしてしまうと代謝が落ちてしまうので逆効果です。
そこで以下の2つのポイントを押さえましょう。

 

 

【1日2リットルの水を飲む】
水をたくさん飲むと尿と一緒に体内の老廃物を出すことができ、血の巡りも良くなるため基礎代謝がアップします。
目安としては1日に2リットル以上とされています。
ちなみに冷たい水より常温で飲んだ方が体を冷やさず内臓への負担を軽減することができます。

 

 

【炭水化物を控える】
お米やパンなどの炭水化物を食べると血糖値が急激に上昇し、その血糖値を下げるために体内でインシュリンが分泌されます。
インシュリンは血糖値を下げてくれるのですが、その時に糖質を脂肪に変える働きがあります。
だから炭水化物を食べると太りやすいわけですね。

 

なので、炭水化物を抜くことで太る原因を無くすことができます。
ただ、炭水化物は生きるための貴重なエネルギー源ですから、全く食べないのは問題です。
そこで夕食の時だけは炭水化物を取らないようにすると太る原因を無くすことができます。

 

夕食を豆腐や野菜類などを中心としたメニューにすれば、摂取カロリーを上手く抑えて効率よく痩せることができるはずです。

 

 

以上、運動以外で健康的に痩せるための2つのポイントを紹介しました。

 

 

【こっちも気になる】
パレオダイエットの口コミ体験blog